★最安値公式サイトはコチラ!★



「飲むだけでダイエットが出来る!」と海外セレブの間で流行しているチャコールバターコーヒー。

日本に上陸してからは、SNSでも話題沸騰中です。

 

そんなチャコールバターコーヒーですが、妊婦中や授乳中でも安心して飲めるのでしょうか?

もし飲むことができれば、妊娠中・授乳中でも無理なくダイエットができますよね。

 

そこで今回は、チャコールバターコーヒーは妊娠中・授乳中でも飲めるのかどうかや、添加物・カフェインの安全性について解説していきます。

 

チャコールバターコーヒーは妊娠中・授乳中でも飲める?

チャコールバターコーヒーにはカフェインが含まれていますので、妊娠中や授乳中に摂取することはおすすめできません。

どうしても飲みたい方は、医師に相談の上、指示を仰ぎながら飲んでください。

 

添加物・カフェインは大丈夫?

まずは、チャコールバターコーヒーの原材料を見ていきましょう。

 

名称:コーヒーパウダー含有加工食品

原材料:コーヒーパウダー、脱脂粉乳、有機マカ末、有機アカシア食物繊維、有機アガベイヌリン、有機ショウガ末、竹炭、備長炭、活性炭、バターパウダー、香料(原料の一部に乳を含む)

 

原材料を見ると、チャコールバターコーヒーに配合されいる添加物は香料のみのようです。

それ以外は天然成分ですので、添加物については特に問題ありません。

 

続いてカフェインですが、チャコールバターコーヒーにはコーヒーパウダーが配合されています。

つまり、カフェインも含んでいるということです。

このことからも、妊娠中・授乳中はチャコールバターコーヒーの服用は避けた方が賢明だと言えます。

 

妊娠中のカフェインはなぜいけないの?

覚醒作用や疲労回復に効果的なカフェインですが、妊婦や赤ちゃんにとっては良いものではありません。

ここでは、カフェインを控えるべき理由について解説していきます。

 

流産、死産率が上がる?

カフェインの摂取量によって、流産や死産のリスクが異なります。

まず、カフェインの摂取量が1150mg未満であれば、さほど流産のリスクは高まりません。

 

しかし、カフェインの摂取量が300mgを超えると、流産のリスクは2倍にも膨れ上がると言われているのです。

妊婦がコーヒーを18杯以上飲むと、死産のリスクが高まるという報告もあります。

カフェインを大量に摂取することで、胎盤への血流量が減少するためです。

 

現段階では胎児の発育との関連性については結論が出ていませんが、コーヒーやタバコなどの嗜好品を好む妊婦の赤ちゃんには、早産や胎児の発育の遅れが見られます。

 

カフェインが体内にたまる場合も

カフェインは胎盤を通ってお腹の赤ちゃんにも移行します。

赤ちゃんは肝機能の発達が未熟なため、カフェインが排泄されるまでに時間がかかってしまいます。

 

また、妊娠後期は代謝機能が1/3に減少するため、妊婦自身もカフェインの分解・排泄に時間がかかります。

そうすると、胎児にカフェインが蓄積して負担がかかってしまう可能性があります。

 

また、カフェインは母乳にも移行するため、授乳中のコーヒーの摂取もおすすめできません。

乳幼児突然死症候群の発症率も高くなるといわれていますので、チャコールバターコーヒーの摂取は避けましょう。

 

胃もたれの原因になる

妊娠中期~後期は、お腹が大きくなるにつれて胃液が逆流しやすくなります。

そのため、この時期は胃もたれをおこす妊婦さんが多いです。

カフェインは胃液の分泌を活発にするため、胃液がさらに逆流して胃もたれが悪化する危険性があります。

 

カルシウムが排出される

カフェインを多量に摂取すると、カルシウムの排出が促されます。

カルシウムは骨や歯を作るために必要不可欠な成分ですが、胎児のカルシウムが不足すると母体から補うことになります。

そのため、産後は歯や骨が弱くなってしまう可能性があります。

 

授乳中のカフェインはなぜいけないの?

カフェインは体内吸収が素早く、母乳にも影響を与えやすいと言われています。

そのため、授乳期の赤ちゃんの健康を考えるとカフェインは控えた方が無難です。

 

ご存じの方も多いと思いますが、コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは神経を覚醒させる働きがあります。

赤ちゃんにも、下記のような悪影響を与える可能性があります。

 

  • 夜泣きが多くなる
  • なかなか寝てくれない
  • 感情起伏が激しく不機嫌になりやすい
  • 母乳を飲まなくなる

 

適量であれば母体にはさほど悪影響は出ませんが、赤ちゃんに与える影響は計り知れません。

 

産後の授乳期に摂取しても問題ないカフェインの量は?

産後の授乳期にはカフェインの摂取は避けるべきですが、コーヒーが好きな方にとっては辛いですよね。

そもそも、アラビカ種の豆から挽いたドリップコーヒーには、カップ1杯(150ml)あたり約135mgのカフェインが含まれています。

 

あくまで一般的な話ですが、このようなコーヒーは123杯程度の摂取であれば問題ない』と言われています。

仮に1日2杯飲むとすると、カフェインの合計摂取量は約270mgとなります。

この量であれば、産後に飲んでも問題はありません。

 

また、インスタントコーヒーに含まれるカフェインの量は、通常のドリップコーヒーの半分程度しかありません。

カフェインの量が少ない理由は、安価なコーヒー豆を使っている事が多いからです。

産後のカフェイン摂取は良くないと言われていますが、摂取量を守ればさほど心配する必要はありません。

過度に心配し過ぎて神経質にならないようにしましょう。

 

まとめ

チャコールバターコーヒーは妊娠中・授乳中の服用は避けた方が賢明です。

ただし、1日の摂取量を守れば問題ないとも言われていますので、飲みたい方は一度医師に相談してみてください。

チャコールバターコーヒーには体に必要な栄養素がたっぷり含まれていますので、健康維持のために飲むのもおすすめです。