★最安値公式サイトはコチラ!★



チャコールバターコーヒーは、代謝や脳を刺激してくれるダイエットコーヒーです。

飲むだけでバターの脂質がエネルギーに変わり、効率よく脂肪が燃焼できます。

ダイエット効果が期待できると海外セレブの間で人気を集め、この度日本にも上陸しました。

 

そんなチャコールバターコーヒーですが、「副作用などの危険性が心配・・・」という方も多いと思います。

いくらダイエット効果があるとしても体に悪影響を及ぼすものは摂取したくないですよね。

 

そこで今回は、チャコールバターコーヒーの安全性や健康被害・副作用などの有無についてご紹介します。

 

危険?チャコールバターコーヒー成分は安全?

まず、チャコールバターコーヒーに含まれている成分を見ていきましょう。

 

コーヒーパウダー、脱脂分乳、有機マカ末、有機アカシア食物繊維、有機アガベイヌリン、有機ショウガ末、バターパウダー、香料、原料の一部に乳を含む

 

チャコールバターコーヒーに配合されている成分はほとんどが天然由来のものとなっています。

食品添加物は香料のみしか配合されていません。

 

特殊加工を施した低脂肪バターを配合

チャコールバターコーヒーに配合されているバターは、特殊加工が施された低脂肪バターです。

一般的なバターよりも飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が大幅に少ないので、安心して飲むことができます。

 

また、満腹感を感じやすいため、置き換えダイエットとしてもおすすめです。

ちなみに、脂肪酸とは中性脂肪の原因となる飽和脂肪酸の一種です。

生活習慣病の温床になりやすく、摂取を控えた方がいいと言われている成分です。

 

体内の毒素を吸着・排出する「活性炭」を配合

活性炭というと防臭剤や飲水の洗浄に使われるイメージがありますが、食品として摂取することも可能です。

チャコールバターコーヒーにも食品専用の活性炭が配合されています。

 

体内の毒素を吸着してそのまま体外に排出する効果がありますので、体の内側からデトックスができます。

活性炭は胃腸で吸収されることがないことから、安全性は心配ないと考えられます。

 

ただし、活性炭には消化した食べ物を吸着する働きがあるため、食後に服用すると必要な栄養素まで吸着する可能性があります。

そのため、チャコールバターコーヒーは空腹時に飲むのがおすすめです。

 

デトックス成分「水溶性食物繊維」が配合

活性炭以外にも、腸内環境をサポートするために下記の2つの成分が配合されています。

 

  • アカシア食物繊維
  • アガベイヌリン

 

これらの水溶性食物繊維により、デトックス効果が得られます。

というのも、水溶性食物繊維には腸内の善玉菌を増やす働きがあると言われています。

さらに、糖分の吸収を抑制して血糖値の上昇を穏やかにする作用があることでも知られています。

 

チャコールバターコーヒーは特定保健用食品や機能性表示食品ではありませんが、これらに配合されている成分と同じものが多数含まれています。

 

脂肪燃焼を促進する「マカ」を配合

チャコールバターコーヒーには、燃焼系ダイエットサプリでは定番の成分でもある「マカ」が配合されています。

マカに含まれるショウガやカフェインが血行の改善を促すため、ダイエット効果が期待できます。

 

チャコールバターコーヒーは副作用の危険性はあるの?

チャコールバターコーヒーに含まれている成分は、ほとんどが自然由来のものです。

そのため、副作用の危険性はなく安全に使用できます。

ただし、食物アレルギーを持っている方は配合されている成分をよく確認してから使用してください。

 

チャコールバターコーヒーの危険性

チャコールバターコーヒーの成分には、一体どんな危険性が潜んでいるのでしょうか。

ひとつずつ見ていきましょう。

 

腹痛の可能性①

コーヒーには胃液分泌を促進する効果があります。

適量であれば問題ありませんが、飲み過ぎると胃液の分泌量が多くなり、胃を傷めてしまいます。

 

その結果、腹痛を引き起こしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

腹痛の可能性②

チャコールバターコーヒーには低脂肪バターが配合されています。

そのため、乳製品に対してアレルギーを持っている方は腹痛・下痢が起こることがあります。

 

チャコールバターコーヒーで副作用の報告はある?

インターネット上の口コミなどを調べてみましたが、チャコールバターコーヒーを飲んで何らかの副作用が起こったという報告は1件も見当たりませんでした。

ただし、アレルギーを持っている方は必ず公式サイトに載っている成分表を確認し、医師に相談したうえで服用しましょう。

 

最初の3日間は体調が悪くなる人もいる

チャコールバターコーヒーには活性炭が配合されていますので、デトックス効果があります。

そのため、稀に体内の老廃物を排出する間に体調が悪くなることがあります。

体内の余分なものが排出されている好転反応のひとつですので、そのまま服用を続けて構いません。

 

チャコールバターコーヒーは何故安全なの?

自然由来のものが多い

チャコールバターコーヒーに含まれる成分は自然由来のものがほとんどです。

例えば、アカシア食物繊維はアカシアガム100%の天然素材から抽出されています。

 

また、マカ末は日本の有機JAS認定の工場で加工されており、アガベイヌリンは世界の規格でも認められているる原料が厳選して配合されています。

徹底した品質管理のもとで、素材にもこだわって製造されているのです。

 

このように、チャコールバターコーヒーは動物性・植物性由来の原料で出来ているため、副作用の危険性がほとんどありません。

ただし、多量摂取をしたりアレルギーを持っている方が服用すると、体調不良を起こす危険性がありますので注意しましょう

 

1杯ずつ梱包されている

チャコールバターコーヒーは1杯ごとに袋分けされているので、コーヒー粉末が空気に触れる心配がありません。

1杯分を測る手間も省けますし、一石二鳥です。

ただし、直射日光や湿気の多い場所では、変色して味が変わってしまう可能性がありますので、保管場所には注意しましょう。

開発者本人がしっかりと体験

チャコールバターコーヒーは、アメリカのシリコンバレーの起業家が発明しました。

その効果と安全性は、実際に開発者本人が飲んで立証しています。

なんと、その開発者はチャコールバターコーヒーで36kgの減量に成功したのです。

 

チャコールバターコーヒーの服用を避けたほうがいい場合

副作用などの危険性がほとんどないチャコールバターコーヒーですが、下記の方は服用を避けてください。

 

  • 成長過程の子供
  • 妊娠中の方

 

チャコールバターコーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェインは子供には刺激が強く、めまいや不眠を引き起こす危険性があります。

15歳未満で、なおかつ体重が50kgに満たない子供は服用を避けましょう。

 

また、妊娠中の方は胎盤を通して赤ちゃんにカフェインを送り込んでしまうことになります。

発達障害や早産を防ぐためにも、チャコールバターコーヒーの服用は避けてください。

 

不眠、睡眠の質低下

チャコールバターコーヒーにはカフェインが含まれているので、寝る前に飲むと眠れなくなってしまいます。

また、眠りが浅くなってしまい、質の良い睡眠が取れなくなる可能性があります。

そのため、チャコールバターコーヒーは朝もしくは日中の服用がおすすめです。

 

まとめ

チャコールバターコーヒーには副作用の危険性がある成分は配合されていません。

天然由来の成分がほとんどですので、安心して飲むことができます。

 

ただし、チャコールバターコーヒーはその名の通りコーヒーの一種です。

コーヒーにはカフェインが配合されていますので、小さい子供や妊娠中の方は服用を避けましょう。